1993年版を考察

◆1993年
 カードは全部で144枚。Jリーグ人気に押されて、発行枚数が例年に比べて極端に少ない。松井のファーストカードがあるということで話題にもなった。この年も意外や意外、巨人が9枚と少なく、チーム別数では12球団中9位となっている。

◆球団別選手数調査

 B横浜   (15枚)10.42%   @オリックス(20枚)13.89%   
 C阪神   (14枚)
09.72%   A近鉄   (16枚)11.11%
 G広島   (10枚)06.94%   Dロッテ  (13枚)09.03%
 H巨人   ( 9枚)06.25%   D日ハム  (13枚)
09.03%
 Hヤクルト ( 9枚)06.25%   F西武   (12枚)
08.33%
 K中日   ( 4枚)02.78%   Hダイエー ( 9枚)
06.25%

 円グラフ1「球団別選手数調査」

◆1993年のデザイン
 表には、たすき掛けのように画面上部と下部にチーム名と名前の表記された帯が描かれている。
     
左から
bP 松井秀喜(巨人)ファーストカード         (裏面)
bW 野茂英雄(近鉄)

◆バリエーション(前半のみ)
 下のカードは写真が同じであるが、右上のピンクのたすきの中に書かれている文字が、
“SWALLOWS”(大文字版)
“Yakult Swallows”(小文字版)と2つのバージョンが存在する。

ともに
bQ8 岡林洋一(ヤクルト)

◆発行時期
 おそらく、4つの異なる時期で発売されていたと思われる。
@bP〜36 AbR7〜72 BbV3〜108 CbP09〜144


bP〜36

左から
bR 長嶋茂雄(巨人)小文字版
bP1 松永浩美(阪神)小文字版
bP2 新庄剛志(阪神)大文字版

bR7〜bV2、bV3〜108

左から
bS5 秋山幸二(西武)
bW8 吉永幸一郎(ダイエー)
bW5 小川博文(オリックス)

bP09〜144

左から
bP17 野田浩司(オリックス)
bP34 田辺学(横浜)
bP43 ブラックス(横浜)

◆1993年シーズンを振り返って
 セ・リーグは、野村監督率いるヤクルト優勝。パ・リーグは西武優勝。日本シリーズは、第7戦までもつれこみ、ヤクルトスワローズが日本一に。私は大学1年時で、第7戦を学生協のテレビで見ていたっけ。農学棟からは遠いのに、講義が終わって急いで向かい、1時間ぐらい見てた。

◆1993年版カード収集について
 枚数は少ないけれどコンプリートは難しい。野球も見たけれど、この頃はよく、サッカーも見に行っていたっけ。拠点が静岡だからしょうがなかったかな。


◆その他のトピックス
 1993年ファーストカードを追え
 1993〜1994セリーグポップコーンカードとは?

 プロ野球カードを語るへ

 トップページへ


inserted by FC2 system